TAO建築設計


イシニワノイエ

3つのヴォリュームの箱で構成された3つの石庭を持つコートハウス

道路よりの西側外観夕景。ライトアップされた樹木の影が荒塗壁の外壁に浮かび上がる。
道路よりの西側外観夕景。ライトアップされた樹木の影が荒塗壁の外壁に浮かび上がる。
道路よりの西側外観。アプローチ廻りは地下水を利用したロードヒーティングとした。
道路よりの西側外観。アプローチ廻りは地下水を利用したロードヒーティングとした。
軟石をあしらった南側中庭からの外観夕景。
軟石をあしらった南側中庭からの外観夕景。
リビング・ダイニングよりテラス越しに中庭を望む。
リビング・ダイニングよりテラス越しに中庭を望む。
リビングよりダイニング・階段を望む。
リビングよりダイニング・階段を望む。
リビング・ダイニングは吹抜越しに2Fとゆるやかにつながる。
リビング・ダイニングは吹抜越しに2Fとゆるやかにつながる。
ダイニングよりのリビング見返し。南側ハイサイドライトよりやわらかな光が降りそそぐ。
ダイニングよりのリビング見返し。南側ハイサイドライトよりやわらかな光が降りそそぐ。
TATAMI ROOM 内観。上げ下げ障子窓の向こうには施主が所有していた軟石を敷いた北庭が拡がる。
TATAMI ROOM 内観。上げ下げ障子窓の向こうには施主が所有していた軟石を敷いた北庭が拡がる。
主寝室より中庭を望む。
主寝室より中庭を望む。
特注のロフトベッド家具でゆるやかに仕切られた2F子供室。
特注のロフトベッド家具でゆるやかに仕切られた2F子供室。
コケ庭としてしつらえた軟石敷のバスコートを望む、オープンなバスルーム。
コケ庭としてしつらえた軟石敷のバスコートを望む、オープンなバスルーム。
所在地
帯広市東
家族構成
夫婦(40代)+子供3人
設計期間
2015.2〜2016.2
工期
2016.3〜2016.10
用途地域
第1種住居地域
敷地面積
535.52m2(161.99坪)
建築面積
223.71m2(67.67坪)
延床面積
264.25m2(79.94坪)
構造規模
木造2階建
外部仕上
[屋根]厚1.5 塩ビ系シート防水
[外壁](厚)5ウッドブリーズ塗 スサ入荒壁仕上、厚11アッシュ本実羽目板貼
[建具]玄関扉:タモ / エンジュ羽目板断熱扉、窓:木製サッシ(ペアガラス[Low-E]) / 樹脂サッシ(トリプルガラス[Low-E])
主な内部仕上
[床]磁器質タイル、エンジュフローリング
[壁]塗壁、磁器質タイル
[天井] 塗天井、ヒバ羽目板
断熱仕様
[基礎]厚50 + 厚50 押出PSF B-3種
[屋根]厚235、286 吹込セルロースファイバー 45kg + 厚60 ネオマフォーム
[土間下]厚50 EPS
[外壁]厚105 高性能GW16kg同等品 + 厚60 ネオマフォーム
施工
(株)北のハウス

イシニワノイエ
拡大する

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ