TAO建築設計


HOUSE CB+W

28年目にして生まれ変わった二世帯住宅

庭よりの建物西側全景。
庭よりの建物西側全景。
道路側よりの建物外観。
道路側よりの建物外観。
道路側建物外観夕景。
道路側建物外観夕景。
3F子世帯:テラスよりのリビングダイニング見返し。
3F子世帯:テラスよりのリビングダイニング見返し。
3F子世帯:ダイニングよりリビングを望む。
3F子世帯:ダイニングよりリビングを望む。
3F子世帯:回遊プランのセンターとなるキッチン。
3F子世帯:回遊プランのセンターとなるキッチン。
3F子世帯:洗面室と一体となったバスルーム。
3F子世帯:洗面室と一体となったバスルーム。
既存東屋をリフォームした離れ。
既存東屋をリフォームした離れ。
屋上緑化した離れを3F子世帯テラスより眺める。
屋上緑化した離れを3F子世帯テラスより眺める。
離れ内部:いろりのある小上り。
離れ内部:いろりのある小上り。
離れいろり部屋より次の間を見る。
離れいろり部屋より次の間を見る。

築28年、コンクリートブロック造の2階建て住宅に、木造の3階とロフト、そして屋上庭園を積み上げ、新たな2世帯住宅を生み出した。
庭に面して上階へのアプローチ・カーポート・テラスを兼ねた3.5層の木フレームが豊かな外観表情を彩るとともに、各世帯の行き来をスムーズなものにしている。
変化に富んだ居室配置、開放的なテラスへのつながりが、3階の子世帯住居に心理的・視覚的な拡がりとやすらぎを与えている。

所在地
札幌市南区真駒内
家族構成
夫婦(30代)+子供2人+親夫婦(50代)
設計期間
2004.7〜2005. 5
工期
2005.6〜2005.11
用途地域
第二種中高層住居専用地域
建築面積
82.81m2 (25坪)
延床面積
188.01m2 (57坪)
構造規模
CB造2階建+木造3階建
外部仕上
[屋根]厚0.35 ガルバリウム鋼板 横葺、FRP防水、厚0.35 ガルバリウム鋼板 立てハゼ葺
[外壁]厚15×120 ナラ 羽目板 縦貼、オリンピックデッキステイン塗装、厚0.8 ガルバリウム鋼板、コンクリート打放し
[建具]玄関扉:羽目板ドア、窓:木製断熱窓(Low-E) 一部アルミ樹脂複合窓(Low-E)
主な内部仕上
[床]エコ・ソイルセラミックフロア、ナラフローリング、畳
[壁]塗壁, 桐合板
[天井]桐合板R目透かし貼、塗天井
断熱仕様
[基礎]厚50 押出PSF B-3種
[屋根]厚50+50 押出PSF B-3種
[土間下]厚50 押出PSF B-2種
[外壁]厚25 押出PSF B-2種
施工
辻野建設工業(株)

HOUSE CB+W
拡大する

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ