TAO建築設計


西野のコートハウス

異なる素材を融和。表情豊かなコートハウス

道路よりの外観。コンポジットブロック・コンクリート打放し・木ルーバーといった性格・ボリュームの異なる外皮が内部からの視界を巧みにコントロールしている。
道路よりの外観。コンポジットブロック・コンクリート打放し・木ルーバーといった性格・ボリュームの異なる外皮が内部からの視界を巧みにコントロールしている。
エントランスアプローチより風除室を望む。
エントランスアプローチより風除室を望む。
アプローチよりの建物見上げ。コンポジットブロックとタンギール羽目板のコントラストが美しく、互いを際立たせる。
アプローチよりの建物見上げ。コンポジットブロックとタンギール羽目板のコントラストが美しく、互いを際立たせる。
エントランスホール。プラン全体を貫く螺旋階段が、上部より一日の変化に富んだ光をもたらす。
エントランスホール。プラン全体を貫く螺旋階段が、上部より一日の変化に富んだ光をもたらす。
二階リビング前面テラスコートより、切り取られた遠景の山並みと、テラス・植栽を望む季節感あふれる屋外空間と一体となってつながり、豊かさをもたらす。
二階リビング前面テラスコートより、切り取られた遠景の山並みと、テラス・植栽を望む季節感あふれる屋外空間と一体となってつながり、豊かさをもたらす。

地下からM2階まで何層にも分かれた生活空間が、暮らしの愉しみ方を多彩に演出。季節や天候によって変化する光の表情とともに、時間を重ねるほどに日々、新しい発見がある住宅が生まれた。 外構には、コンポジットブロック、コンクリート打放し、木ルーバーなど性格、ボリュームの異なる素材を採用し、個性的な外観を表現するとともに、内部からの視界をコントロールしている。 庭や植栽、そして2階テラスコートは、屋内と一体感をもち、自然の移ろいを五感で受け止められるスペースとして暮らしにゆたかさをもたらしている。

所在地
札幌市西区西野
家族構成
夫婦(50代)+子供2人
設計期間
2002.5〜2002.8
工期
2002.9〜2003.6
用途地域
第一種低層住居専用地域
敷地面積
326.00m2 (98.62坪)
建築面積
166.97m2 (50.51坪)
延床面積
313.68m2 (94.89坪)
構造規模
B1F・1F・RC造(コンポジット工法)+2F木造
外部仕上
[屋根]厚0.35 ガルバリウム鋼板
[外壁]厚32 コンポジットブロック、厚20 タンギール羽目板、コンクリート打放し
[建具]玄関扉:タモ羽目板断熱扉、窓:木製サッシ(ペアガラス[Low-E])
主な内部仕上
[床]札幌軟石、ライムストーン、タモムク材
[壁]コンクリート打放し、コンポジットブロック、珪藻土塗、大理石
[天井] ホワイトアッシュ本実、珪藻土塗、シナベニヤ 目透し貼、ヒバ羽目板
断熱仕様
[地下1階・床下]厚50 押出FP板 3種
[基礎]厚50 押出FP板 3種
[屋根]厚75+75 押出FP板 3種
[外壁]厚50 押出FP板 3種、厚75 押出FP板 3種
施工
(株)創匠計画

西野のコートハウス
拡大する

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ