TAO建築設計


フモトノヒラヤ

山とまちの境目に建つ平屋

道路側からの外観夕景。
道路側からの外観夕景。
円山へとつながる中庭からの外観夕景。
円山へとつながる中庭からの外観夕景。
リビングからキッチンと中庭を望む。
リビングからキッチンと中庭を望む。
キッチンからリビングを望む。オープンな内部空間は山へと開いた中庭とテラスごしに一体となり、さらなる拡がりを感じさせる。
キッチンからリビングを望む。オープンな内部空間は山へと開いた中庭とテラスごしに一体となり、さらなる拡がりを感じさせる。
リビングから中庭を望む。センターテーブル、サイドテーブルは空間にあわせてしつらえた。
リビングから中庭を望む。センターテーブル、サイドテーブルは空間にあわせてしつらえた。
障子越しの柔らかい光に包まれた主寝室。
障子越しの柔らかい光に包まれた主寝室。
バスコートの緑が楽しめるオープンなバスルーム。
バスコートの緑が楽しめるオープンなバスルーム。
多目的に使えるアサメラの美しい木肌を生かしたシンプルなスツール。
多目的に使えるアサメラの美しい木肌を生かしたシンプルなスツール。

円山の麓、自然豊かな山の幅員27Mの道路に挟まれた、80坪程の台形上の敷地。
いわば山とマチの境目に60代の男性が静かに暮らす約30坪の平屋を計画した。
内部空間は山へ開いた中庭とテラスごしに一体となり、30坪を遥かに超えた拡がりと、表通りの喧噪を感じさせない静けさをもった住まいとなっている。

所在地
札幌市中央区
家族構成
男性(50代)
設計期間
2010.3〜2011.8
工期
2011.9〜2011.12
用途地域
近隣商業地域
敷地面積
259.55m2 (78.51坪)
建築面積
103.41m2 (31.28坪)
延床面積
97.48m2 (29.49坪)
構造規模
木造平屋建
外部仕上
[屋根]厚0.35 ガルバリウム鋼板 立てハゼ防水葺
[外壁]厚0.35 ガルバリウム鋼板 立平葺
[建具]玄関扉:タモ、エンジュ羽目板断熱扉、窓:木製サッシ(ペアガラス[Low-E])、防火木製サッシ(トリプルガラス[Low-E])
主な内部仕上
[床]磁器質タイル、エンジュフローリング
[壁]塗壁
[天井] ヒバ羽目板、塗天井
断熱仕様
[基礎]厚50+50 押出PSF B-3種
[屋根]厚286 吹込セルロースファイバー45kg + 厚30 押出PSF B-2種
[土間下]厚50 押出PSF B-2種
[外壁]厚105 高性能GW16kg + 厚50 高性能GW16kg
施工
(株)藤井工務店

フモトノヒラヤ
拡大する

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ