TAO建築設計


Re:SAK邸

築40年を経た古家の大規模リフォーム

<em>リフォーム前</em> 築40年の古家正面外観。
リフォーム前 築40年の古家正面外観。
<em>リフォーム後</em> 軒高、屋根勾配はそのままに、生まれ変わった外観。
リフォーム後 軒高、屋根勾配はそのままに、生まれ変わった外観。

他の写真を見る

  • <em>リフォーム前</em> 築40年の古家正面外観。
  • <em>リフォーム後</em> 軒高、屋根勾配はそのままに、生まれ変わった外観。
<em>リフォーム前</em> エントランスより奥の和室を望む。
リフォーム前 エントランスより奥の和室を望む。
<em>リフォーム後</em> プライベートクロークをもつ、エントランスホールへとリフォーム。
リフォーム後 プライベートクロークをもつ、エントランスホールへとリフォーム。

他の写真を見る

  • <em>リフォーム前</em> エントランスより奥の和室を望む。
  • <em>リフォーム後</em> プライベートクロークをもつ、エントランスホールへとリフォーム。
<em>リフォーム前</em> 2階個室よりの眺め。4つの部屋に仕切られたクローズドな空間。
リフォーム前 2階個室よりの眺め。4つの部屋に仕切られたクローズドな空間。
<em>工事中</em> 個室の壁を取り払い、構造体のみとする。
工事中 個室の壁を取り払い、構造体のみとする。
<em>リフォーム後</em> リビング・ダイニングより東側テラス越しに夜景を望む。梁・小屋組を入れ替え。構造現し天井のオープンな空間となった。
リフォーム後 リビング・ダイニングより東側テラス越しに夜景を望む。梁・小屋組を入れ替え。構造現し天井のオープンな空間となった。

他の写真を見る

  • <em>リフォーム前</em> 2階個室よりの眺め。4つの部屋に仕切られたクローズドな空間。
  • <em>工事中</em> 個室の壁を取り払い、構造体のみとする。
  • <em>リフォーム後</em> リビング・ダイニングより東側テラス越しに夜景を望む。梁・小屋組を入れ替え。構造現し天井のオープンな空間となった。
<em>工事中</em> 2階より眺望を持つ東側を望む。沢山の柱に囲まれた状態。
工事中 2階より眺望を持つ東側を望む。沢山の柱に囲まれた状態。
<em>リフォーム後</em> ダイニング・リビング見通し。柱を極力抑えたダイナミックな登り垂木の構造とした。
リフォーム後 ダイニング・リビング見通し。柱を極力抑えたダイナミックな登り垂木の構造とした。

他の写真を見る

  • <em>工事中</em> 2階より眺望を持つ東側を望む。沢山の柱に囲まれた状態。
  • <em>リフォーム後</em> ダイニング・リビング見通し。柱を極力抑えたダイナミックな登り垂木の構造とした。
<em>リフォーム前</em> 北側奥に小屋裏納戸を持つ、2階西側個室内観。
リフォーム前 北側奥に小屋裏納戸を持つ、2階西側個室内観。
<em>工事中</em> 骨組だけとなった、2階見通し。
工事中 骨組だけとなった、2階見通し。
<em>リフォーム後</em> ダイニングからのキッチン・リビング見通し。
リフォーム後 ダイニングからのキッチン・リビング見通し。

他の写真を見る

  • <em>リフォーム前</em> 北側奥に小屋裏納戸を持つ、2階西側個室内観。
  • <em>工事中</em> 骨組だけとなった、2階見通し。
  • <em>リフォーム後</em> ダイニングからのキッチン・リビング見通し。
<em>リフォーム前</em> 2階東側個室より階段ホールを望む。
リフォーム前 2階東側個室より階段ホールを望む。
<em>工事中</em> 壁を取り払い階段ホールを望む。
工事中 壁を取り払い階段ホールを望む。
<em>リフォーム後</em> リビングよりキッチン・ダイニング・階段を望む。
リフォーム後 リビングよりキッチン・ダイニング・階段を望む。

他の写真を見る

  • <em>リフォーム前</em> 2階東側個室より階段ホールを望む。
  • <em>工事中</em> 壁を取り払い階段ホールを望む。
  • <em>リフォーム後</em> リビングよりキッチン・ダイニング・階段を望む。
<em>リフォーム前</em> 西側階段ホール内観。
リフォーム前 西側階段ホール内観。
<em>工事中</em> 西側奥の小屋裏納戸を望む。
工事中 西側奥の小屋裏納戸を望む。
<em>リフォーム後</em> ダイニングより西側キッチンを望む。キッチンはスチール黒皮の面材と防水塗材モールテックス仕上の天板を持つ。
リフォーム後 ダイニングより西側キッチンを望む。キッチンはスチール黒皮の面材と防水塗材モールテックス仕上の天板を持つ。

他の写真を見る

  • <em>リフォーム前</em> 西側階段ホール内観。
  • <em>工事中</em> 西側奥の小屋裏納戸を望む。
  • <em>リフォーム後</em> ダイニングより西側キッチンを望む。キッチンはスチール黒皮の面材と防水塗材モールテックス仕上の天板を持つ。
<em>リフォーム前</em> 1階洗面よりユニットバスを望む。
リフォーム前 1階洗面よりユニットバスを望む。
ガラスを入れる前のバスルーム。
ガラスを入れる前のバスルーム。
<em>リフォーム後</em> 防水塗材モールテックスで塗り上げた、オープンなバスルーム。洗面台も同材で仕上げている。
リフォーム後 防水塗材モールテックスで塗り上げた、オープンなバスルーム。洗面台も同材で仕上げている。

他の写真を見る

  • <em>リフォーム前</em> 1階洗面よりユニットバスを望む。
  • ガラスを入れる前のバスルーム。
  • <em>リフォーム後</em> 防水塗材モールテックスで塗り上げた、オープンなバスルーム。洗面台も同材で仕上げている。
所在地
札幌市中央区伏見
家族構成
夫婦(30代) + 子供1人
設計期間
2014.10〜2015.4
工期
2015.5〜2015.10
用途地域
第1種低層住宅専用地域
延床面積
145.69m2(44.07坪)
構造規模
木造2階建
外部仕上
[屋根]厚0.35 ガルバリウム鋼板立てハゼ防水葺、厚1.5 塩ビ系シート防水
[外壁]厚0.35 ガルバリウム鋼板立平葺、厚15 松羽目板貼
[建具]玄関扉:タモ羽目板断熱扉、窓:木製サッシ(ペアガラス[Low-E]) / 樹脂サッシ(ペアガラス[Low-E])
主な内部仕上
[床]磁器質タイル、厚30 松足場板
[壁]厚12 構造用合板オリンピックステイン塗装、厚2 モールテックス塗
[天井]厚12 構造用合板オリンピックステイン塗装、厚18 松羽目板貼、構造現し
断熱仕様
[外壁]厚105 高性能GW16kg + 厚25 押出PSF B-2種
[床下]厚50 GW16kg(既存) + 厚105 高性能GW16kg
[屋根]厚100 + 50 高性能GW16kg + 厚50 押出PSF B-2種
施工
新栄工建(株)

Re:SAK邸
拡大する

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ