TAO建築設計


HIRAYA

20mの奥行きを持つのびやかな平屋

建物外観夕景。中庭より室内を望む。
建物外観夕景。中庭より室内を望む。
エントランスホールからリビング方向を望む。手前に見えるのはネコ棚を兼ねたロフト階段。
エントランスホールからリビング方向を望む。手前に見えるのはネコ棚を兼ねたロフト階段。
リビンングからキッチンの見返し。連続する窓と屋根の構造が階段に奥行きをもたらす。
リビンングからキッチンの見返し。連続する窓と屋根の構造が階段に奥行きをもたらす。
畳敷のリビング。
畳敷のリビング。
リビングからバスルームを見通す。石垣の景色を考え低くおさえられた連続窓がリズム感を与える。
リビングからバスルームを見通す。石垣の景色を考え低くおさえられた連続窓がリズム感を与える。
キッチン・ダイニング。
キッチン・ダイニング。
キッチンからダイニングリビングを望む。
キッチンからダイニングリビングを望む。
夫婦共有のワークスペース。MBRの隣に設けられたワークスペース、蔵書の多い二人にたっぷりの収納を確保した。
夫婦共有のワークスペース。MBRの隣に設けられたワークスペース、蔵書の多い二人にたっぷりの収納を確保した。
バスルーム。バスコートをもつオープンで気持ちの良い浴室バスルーム。
バスルーム。バスコートをもつオープンで気持ちの良い浴室バスルーム。
オーディオ・シアタールーム。カーテンを兼ねたプロジェクター用スクリーンが窓上に格納されている。
オーディオ・シアタールーム。カーテンを兼ねたプロジェクター用スクリーンが窓上に格納されている。
所在地
小樽市稲穂
家族構成
夫婦(40代)
設計期間
2005.6〜2006.6
工期
2006.7〜2006.11
用途地域
第一種中高層住居専用地域
敷地面積
484.97m2 (147坪)
建築面積
74.05m2 (22坪)
延床面積
115.88m2 (35坪)
構造規模
木造平屋
外部仕上
[屋根]厚0.35 ガルバリウム鋼板 横葺、FRP防水
[外壁]厚15×140 杉 羽目板 縦貼、ウッドロングエコ塗装+オリンピックデッキステイン塗装
[建具]玄関扉:タモ羽目板断熱扉、窓:木製サッシ(ペアガラス[Low-E])
主な内部仕上
[床]札幌軟石、道南クリフローリング、タイル、薄畳、オスモカラー
[壁]塗壁, タモ羽目板 オスモカラー
[天井] 桐集成材 + 構造現し、塗天井
断熱仕様
[基礎]厚50,30 押出PSF B-3種
[屋根]厚50+50 押出PSF B-3種
[土間下]厚50 押出PSF B-2種
[外壁]厚50 押出PSF B-3種
施工
(株)福島工務店

HIRAYA
拡大する

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ