TAO建築設計


NEKOYA(HAKO/02)

2階のスリットから下を見るのが好きなのよ。
陽向さん/ミックス 9歳 ♀

  • NEKOYA(HAKO/02)
  • NEKOYA(HAKO/02)
  • NEKOYA(HAKO/02)
  • NEKOYA(HAKO/02)
  • NEKOYA(HAKO/02)
  • NEKOYA(HAKO/02)

私、世界でいちばんシアワセな猫かも。

三毛猫の陽向さんは、獣医師のママとふたり暮らし。NEKOYAと命名されたすてきなおうち、お留守番のときも気持ちよく過ごせるように、ママが建ててくれたんだって。

パーフェクトに美しい空間は、イタズラ好きのヒナちゃん効果。

子猫のヒナちゃんをもらったとき、Kさんは獣医をめざす学生だった。光の入らないアパートで猫とフタリ、ハードな日々もその甘えっ子ぶりに癒された。気がかりだったのは、日中長くヒトリにすること。もっと明るい場所で過ごさせたい、もっと外で遊ばせたい。そんな母ゴコロが、数年後にはNEKOYAとなって実を結んだ。南に面した大きな窓からは、すがすがしい風景と光がたっぷり。テラスの先に広がるちいさな庭は、緑地の斜面に囲われた理想的な空間だ。脱走の心配もなく、思うぞんぶん日光浴させられる。芝には猫草を植え、庭の隅っこには自分用のささやかな野菜畑も。家ができてから4年半、休日に出かけることもめっきり少なくなったという。それにしても、完璧に整理された住空間は新築直後かと思うほど。雑誌や郵便物、テレビのリモコンやケーブルなど、室内を雑然とさせるものが一切ないのだ。Kさんはよほどのキレイ好き?「いえいえ(笑)、ティッシュの箱もケータイも陽向がカジカジしちゃうので、表に出せないんです」。そんな非の打ちどころのない空間で、珪藻土のはがれた壁のコーナーが目に入る。ヒナちゃんのマーキング跡だ。「このキズは直さず残しておきます。いつかこの子がいなくなったとき、思い出してあげられるように」。陽向さん、あなたはまぎれもなく世界一しあわせな猫ですよ。

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ