TAO建築設計


リプラン青森 VOL.1

高い住宅性能を礎に敷地を最大限に生かし、大屋根に抱かれたコートハウス

八戸市内の閑静な住宅街にある約93坪の台形状の敷地。近隣の住居や道路からの視線、光や風の検討を重ねていく中で、敷地一杯にエントランスコート・バスコート・メインコートの3つの中庭を内包する大屋根の家が導き出された。
カーポートを兼ねたアプローチを進みエントランスコートを楽しみながら室内へ。吹き抜けを持つエントランスから続く天井を抑えたホールをくぐり抜けると、メインコートとテラスを介し一体となる開放的なリビング・ダイニングが拡がる。リビング・ダイニングは大屋根の吹き抜け越しに2階の各室と緩やかにつながり、南側ハイサイドライトからは生き生きとした日中の光が降り注ぐ。
リビング隣、メインコート北側に配した主寝室は抑えたボリュームの居心地の良い空間。エントランス脇にしつらえた落ち着いた雰囲気の静かな和室、オープンでフレキシブル、楽しい雰囲気の2階子ども部屋やワークスペース等、光やボリュームでコントロールされた質の異なる空間が大屋根の下で展開されていく。
また、オオヤネコートでは高断熱・高気密の北海道の住宅性能や暖房手法をほぼそのまま再現している。1階は全て下を断熱した土間床を持ち、これを蓄熱体として40~50℃の低めの温水を回して床暖房とすることで、やわらかで快適な温熱環境をつくり出している。日射、通風、蓄熱の工夫と高い断熱性能により、冬は暖かく夏は涼しい家となることを目指した。
施主は2人のお子さんをもつ30代のご夫妻。「性能と素材感にこだわった、オープンでカーテンのいらない家を」という希望そのままに、これからの家族の暮らしを永く大らかに包み込むような家となったのではと思っている。

  • オオヤネコート
  • オオヤネコート
  • オオヤネコート
  • オオヤネコート
  • オオヤネコート
  • オオヤネコート

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ