TAO建築設計


モミジノイエ

キッチンの横の動線に対して垂直に設けられたパントリー。冷蔵庫や家電はパントリーへ収納して生活感を排除

  • モミジノイエ
  • モミジノイエ
  • モミジノイエ
  • モミジノイエ
  • モミジノイエ

家具のような上質感と日々使うからこその機能性

リビング・ダイニング・キッチンを家の中心に据え、伸びやかな一体空間として設計するケースが多い。その際に気を付けているのはキッチンが主張しすぎないこと。
全体のテイストと合わせて、家具や建具と同様にカスタムメイドキッチンとしている。フレキシブルに仕切りを変えられる引き出し収納、毎日ハードに使うからこそ妥協しないソフトクロージングレールなどの家具金物や、キズが気になり難い仕上げを施したステンレスの厚板の天板など、製作を重ねていく中でフィードバックされていった工夫を随所にちりばめている。
加えて大切な要素が動線である。オープンキッチンでの共通した悩みは、「空間に対して開きたいが、その反面で冷蔵庫やレンジといった家電など、ごちゃごちゃとしたモノはあまり見せたくない。されど扉などを付けていちいち開閉するのは使いづらい…」ということではないだろうか。
そこで考えたのがウォークイン式のパントリー。これなら動線を長くせずに必要なモノをすっきりと収めることができ、収納もたっぷりと取れるので採用することが多い。
美しさと機能性の両立が求められるキッチンの設計は難しいからこそ面白く、やりがいのある大切な要素となっている。

ページの先頭へ


TAO建築設計
〒064-0807
札幌市中央区南7条西24丁目2-3カルム円山3F 303
TEL 011-561-4474
FAX 011-561-4475
お問い合わせ